新型コロナウイルス感染症への対応について

SBSロジコム、横浜で5・4万平方メートルの物流拠点着工

SBSロジコム、横浜で5・4万平方メートルの物流拠点着工

21年7月完成見込む、リコーロジと初の共同運営大型3PLプロジェクトに

SBSロジコムは2月13日、横浜市の幸浦で新たな物流拠点「(仮称)横浜金沢物流センター」の工事を本格的に始めたと発表した。1月29日に現地で起工式を行った。

既存の横浜金沢支店の物流施設3棟のうち老朽化した2棟を解体、新築する。新センターは地上4階建て、延べ床面積は5万3821平方メートルを計画しており、2021年7月の完成を見込む。首都高湾岸線の幸浦ICから2・3キロメートル。

グループのSBSリコーロジスティクスが受託している案件の取扱量拡大を踏まえ、拠点を整備する。SBSロジコムとSBSリコーロジスティクスが共同運営する初の大型3PLプロジェクトとなる。


「(仮称)横浜金沢物流センター」の完成イメージ(SBSロジコムプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事