新型コロナウイルス感染症への対応について

日本ユニシス、トランクルームを宅配ボックスとして活用

日本ユニシス、トランクルームを宅配ボックスとして活用

大手のアンビシャスと連携し実証事業展開

 日本ユニシスは10月2日、トランクルームを宅配ボックスとして活用するプロジェクトを本格的に推進すると発表した。

 トランクルーム大手のアンビシャス(大阪市)と連携して実証事業を展開、事業化をサポートする。宅配再配達問題の改善への貢献を目指す。

 アンビシャスのトランクルーム「収納ピット」のユーザーを対象に、トランクルームの一部を宅配の商品受け取り専用として提供。利用状況などに関するデータを収集、分析して課題を検証する。実証事業は同社の3店舗で行う。

 日本ユニシスは「将来的には既に提供を開始している『シェアリングサービス』などのさまざまなプラットフォームとの連携や、トランクルームを活用した他サービスの創出も進め、社会課題を解決する企業として邁進する」との談話を発表した。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事