LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

住友電工SSが安全運転支援システムの歩行者感知器を出荷開始

住友電工SSが安全運転支援システムの歩行者感知器を出荷開始

今年3月より大阪府警など国内5府県警に納入

 住友電工システムソリューションはこのほど、安全運転支援システムの歩行者用感知器を製品化し今年3月より出荷を開始したと発表した。


※クリックで拡大

 既に大阪府警をはじめ国内5府県警に納入。人や対向車の動きや存在を道路側で検知して、画面表示と警告音でドライバーに注意喚起を図る。


※クリックで拡大

 感知器には日照条件や気象条件など環境変化に強い24ギガヘルツのミリ波レーダーを採用。物体からの反射波受信で距離を把握させ、搭載したアルゴリズムで反射波の特徴的な情報から歩行者を解析・追跡して動きを予測する機能を実現した。これにより通過車両などで隠れて見えない歩行者も検知できるという。

 これまでミリ波レーダーではカバー領域の広範化、検知可能距離の延伸を両立することが課題となっていた。今製品では複数系統のアンテナ、信号処理技術の開発によって大小さまざまな規模の横断歩道で歩行者を広範囲に検知するほか、信号機など設置場所の自在性を高めている。

(鳥羽俊一)

※画像は全て住友電工システムソリューションウェブサイトより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事