新型コロナウイルス感染症への対応について

JA三井リースと東急不動産、ニチレイ・ロジエンジが冷凍・冷蔵倉庫の展開で業務提携

JA三井リースと東急不動産、ニチレイ・ロジエンジが冷凍・冷蔵倉庫の展開で業務提携

新築・建て替えの両面で対応

JA三井リースは2月28日、東急不動産、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングと冷凍・冷蔵倉庫の展開に関して業務提携したと発表した。

冷凍・冷蔵倉庫は冷凍食品需要の伸びが見込まれているのに加え、フロンガス規制強化や老朽化で新築・建て替え需要が拡大しているのを踏まえ、各社のノウハウや技術を持ち寄り、良質な冷凍・冷蔵倉庫の開発・建て替えニーズに対応していくのが狙い。

JA三井リースは冷凍・冷蔵設備のリースなどを担当。東急不動産は倉庫の開発、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングは設備の企画設計や完成後の運用支援、メンテナンスなどをそれぞれ手掛ける。


提携のイメージ(JA三井リース提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真はニチレイロジグループ本社提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事