新型コロナウイルス感染症への対応について

郵船ロジスティクス、シナモンとAI活用した物流業務改善で協業

郵船ロジスティクス、シナモンとAI活用した物流業務改善で協業

輸出貨物の識別用記号・番号照合を自動化、スタッフの負荷軽減図る

郵船ロジスティクスと人工知能(AI)を生かしたコンサルティングなどを手掛けるシナモン(東京)は3月3日、物流現場の業務改善に向けた協業に関する基本合意書を締結したと発表した。

シナモンが持つAIで文字を自動的に読み取る「AI-OCR(光学文字認識機能)」の技術を活用し、航空輸出時の貨物に貼られたケースマーク(識別用の記号・番号)と出荷予定の情報が合致しているかどうか自動的に照合するシステムの開発に取り組む。

新システムを実用化できれば、現在は目視に頼っている、貨物を倉庫から出庫する際のスタッフによる照合作業の負荷を大幅に軽減し、働き方改革につながるとみている。最初は郵船ロジスティクスの成田ロジスティクスセンター(千葉県芝山町)への導入を目指すとともに、将来は国内外の拠点に拡大していくことを視野に入れている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事