LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

【独自取材】西日本向けの路線便で残貨が散見

【独自取材】西日本向けの路線便で残貨が散見

ドライバー不足に大型台風が追い打ち

 物流業界筋によると、ここ来て西日本向けの路線便で残貨物が発生しているもようだ。

 トラックドライバー不足から長距離輸送を敬遠する実運送事業者が減少していることに加え、西日本地区で自然災害が相次いだことから安全運行を重視した自衛措置も影響したとみられる。

 関東地区の物流企業担当者は「九州方面を中心に大阪以西で残貨が目立つ。混載の路線便で(残貨が)ここまで出るのは珍しい」と指摘。背景には7月の西日本豪雨や9月に連続して日本へ上陸した大型台風を踏まえ、ドライバーの安全確保などを理由に運送事業者側が一時的に運行を見合わせたケースが多かったと推察される。

 また台風で被害を受けたJR貨物山陽線のトラック代行輸送で車両の“品薄感”が一層強まっていることも関係しているようだ。

 全国規模で展開する地場系有力物流企業の担当者は「安全面を最優先して台風下での長距離輸送は全て取りやめた。荷主企業には運行スケジュールや納期の変更を申し入れて了承を得た」と対策を明かす。

 深刻化するドライバー不足と自然災害のダブルパンチで上期の事業計画が狂ったとするケースも見受けられ、ある中小系の実運送事業者幹部は「台風や価格などの契約条件も含めて辞退せざるを得なかった案件が少なからずあった」と苦渋の色を浮かべた。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事