新型コロナウイルス感染症への対応について

楽天と両備HD、岡山で路線バス使った「貨客混載」開始

楽天と両備HD、岡山で路線バス使った「貨客混載」開始

車内に通い箱設置し通販商品配送、ラストワンマイルは専用車両に積み替え

楽天は3月11日、岡山県を地盤とする両備ホールディングス(HD)と連携し、同県内で路線バスの空きスペースを使ってインターネット通販「楽天市場」の荷物を運ぶ「貨客混載」を始めたと発表した。

両備HD傘下の東備バスを利用。バスの車内に設置したオリジナルの通い箱に荷物を入れ、岡山市の西大寺バスセンターから同県瀬戸内市の瀬戸内牛窓営業所まで輸送。同営業所からは東備バスのバスやタクシーのトライバーが楽天の出店者向け物流サービス「Rakuten EXPRESS」の専用車両に積み替えて届ける。

ラストワンマイル配送を効率化したい楽天と、路線バスの維持へ稼働率を高めたい両備HDの思惑が一致した。


「貨客混載」の様子※クリックで拡大


「貨客混載」の概要※クリックで拡大(いずれも楽天プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事