新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】安倍首相、リーマンショック時上回る過去最大規模の経済対策を表明

【新型ウイルス】安倍首相、リーマンショック時上回る過去最大規模の経済対策を表明

感染状況「ぎりぎり持ちこたえている」、長期戦覚悟必要と警戒呼び掛け

安倍晋三首相は3月28日、2020年度予算の成立を受け、首相官邸で記者会見した。新型コロナウイルス感染拡大が国内経済に深刻な影響を及ぼし始めているのを受け、リーマンショック時を上回る過去最大規模の経済対策を講じる考えを示した。その一環として、補正予算を早急に取りまとめ、開会中の国会に提出する意向を表明した。

安倍首相は新型コロナウイルスの感染状況について「欧米と異なり現状ではぎりぎり持ちこたえてはいるが、気を緩めればいつ急拡大してもおかしくない」と語り、自治体による外出自粛要請への協力などを国民に求めた。また「この戦いは長期戦を覚悟する必要がある」と警戒を呼び掛けた。

経済対策は、収入が減少した中小企業や個人事業主を対象とする現金給付などを検討していると説明。「効果などを考えれば、ターゲットをある程度置き、思い切った給付を行うべきだろうと考えている」と語り、給付対象を絞る実用があるとの認識を示した。併せて、中小・小規模事業者が民間金融機関で無利子融資を受けられる仕組みの導入などにも言及した。

他にも、欧米各国などとも連携し、治療薬やワクチン開発を加速させる考えをあらためて述べた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事