メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日鉄興和不動産が自動販売機型無人コンビニ展開の600と提携、物流施設にも展開へ

日鉄興和不動産が自動販売機型無人コンビニ展開の600と提携、物流施設にも展開へ

RFIDタグなど使い自動カード決済、マンション入居者らの利便性向上図る

日鉄興和不動産は3月30日、キャッシュレスで利用可能な自動販売機型の無人コンビニ「600」を展開している600(東京)と業務提携契約を結んだと発表した。併せて、600に2億円を出資した。

日鉄興和不動産が開発する分譲・賃貸マンションに600を積極的に導入、居住者の利便性を高め、差別化を図るのが狙い。さらに、同社が手掛けている大規模複合ビル「インターシティ」シリーズや、中規模のハイグレードオフィスビルBIZCORE(ビズコア)」シリーズ、物流施設「LOGIFRONT(ロジフロント)」シリーズにも順次展開していく構え。

600はRFIDタグを活用して商品を管理しており、利用者は専用端末にクレジットカードを通し、商品を取り出せば自動的に決済される。LINEなどのチャットツールを介して自分の希望する商品をリクエストすることも可能。

従来はオフィススペースへの設置がメーンだったが、日鉄興和不動産は2019年8月、自社開発の分譲マンションに初めて導入、好評だったため、本格的に取り組むことにした。600としても販路拡大につながると期待している。


無人コンビニ「600」(日鉄興和不動産プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事