新型コロナウイルス感染症への対応について

関通、兵庫と埼玉の物流センターにシリウスジャパンの自律走行ロボット導入

関通、兵庫と埼玉の物流センターにシリウスジャパンの自律走行ロボット導入

ピッキング対象商品入った棚にスタッフを誘導

関通は3月31日、兵庫県尼崎市の「関西主管センター」と埼玉県和光市の「東京第一物流センター」の2拠点で、シリウスジャパン製のピッキング支援自律走行ロボット「Syrius(シリウス)」を導入したと発表した。

シリウスは自身で撮影した画像をAI(人工知能)で解析、位置データを認識し、倉庫内を移動してピッキング対象の商品が入っている棚に移動、スタッフを誘導するタイプ。ガイドレールなどの導入が不要で既存の物流施設に取り入れる際の負荷が少ないのが特徴。

今後は関通が独自に開発、運用しているWMS(倉庫管理システム)「クラウドトーマス」と連携して使えるようにする計画。


導入した「シリウス」(関通提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事