新型コロナウイルス感染症への対応について

NTTロジスコ、千葉・市川の5・7万平方メートル新拠点が満床稼働へ

NTTロジスコ、千葉・市川の5・7万平方メートル新拠点が満床稼働へ

BCP配慮に大型非常用発電機など整備、アスプルンドが空間設計したカフェも

NTTロジスコは3月31日、千葉県市川市の「千葉物流センターE棟」が完成したと発表した。

地上6階建て(倉庫は4階層)、延べ床面積5万7117平方メートル。エンターテインメントやIT機器などの業界からの入居が確定、満床で稼働することとなった。

京葉道路の原木ICから約1・5キロメートル、首都高の千鳥町ICから約4・7キロメートルに位置。2018年春に開通した外郭道の高谷JCTからは約5分でアクセス可能。首都圏広域に接続できる地の利が強みだ。

BCP(事業継続計画)対策として停電時でも貨物エレベーターや自動化設備などを動かせるよう400キロボルトアンペアの大型非常用発電機を設置。さらにコンビニエンスストアを誘致したほか、大手インテリアメーカーのアスプルンドが空間設計を手掛けたカフェ風の休憩室(約180坪) に無料の無線LAN環境を整備。従業員が働きやすい職場環境の整備に努めている。


完成した「千葉物流センターE棟」の外観(NTTロジスコホームページより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事