メルマガの配信元アドレスが変更となりました

セブン-イレブン、栃木で水素用いた燃料電池小型トラックの配送実験開始

セブン-イレブン、栃木で水素用いた燃料電池小型トラックの配送実験開始

トヨタ製、200キロメートル走行可能

セブン-イレブン・ジャパンは4月1日、環境負荷軽減の一環として、水素を用いた燃料電池(FC)小型トラックによる店舗向け配送実験を栃木県内の一部エリアで始めると発表した。

既に東京都内で2019年から実施しており、投入しているFC小型トラック2台のうち1台を栃木県に移して行う。都内と異なる気象条件や道路環境の下で走行し、データを収集することで多様なエリアでのFC小型トラック活用につなげていきたい考え。

セブンから北関東の配送業務を担っている丸伊運輸(東京)が実験を手掛ける。同社は国内初の水素ステーション併設型配送センター「チルド米飯佐野センター」を栃木県栃木市で稼働させている。

FC小型トラックはトヨタ自動車製で、走行距離は約200キロメートル。


実験に用いるFC小型トラック


チルド米飯佐野センターの水素ステーション(いずれもセブン-イレブン・ジャパンプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事