LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

アルフレッサ、福岡・久留米に新たな高機能物流センターを開設

アルフレッサ、福岡・久留米に新たな高機能物流センターを開設

医薬品流通の国際基準を想定、厳格な温度・衛生管理実施

 医薬品卸大手のアルフレッサホールディングスは10月11日、傘下のアルフレッサが福岡県久留米市に新たな物流拠点「福岡物流センター」を開設したと発表した。設備投資額は45億円。

 医薬品の流通に関する国際基準「PIC/S GDP」を想定し、厳格な温度・衛生管理体制を導入。RFIDの活用も想定するなど、高機能センターとして運営する。最新の免震装置を導入するなどBCP(事業継続計画)にも配慮している。グループの中核物流拠点として活用していく方針。

 新センターは地上3階建て、延べ床面積1万2668平方メートル。2万5千品目を保管し、出荷能力は月当たり120億円を計画している。稼働は11月26日の予定。

 「PIC/S GDP」を念頭に置き、全ての入出荷口にドックシェルターや二重シャッターを設けているほか、空調設備のバックアップ機能を持たせるなどしている。

 さらに、建物には病院や学校に求められるのと同等の耐震強度を持たせ、72時間稼働可能な大型非常用電源を設置。RFIDタグを厳格な管理が不可欠な「スペシャリティ医薬品」に貼付して個包装単位でトレースできる設備も取り入れている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事