メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ダイムラーとボルボ、燃料電池トラックの開発で合弁

ダイムラーとボルボ、燃料電池トラックの開発で合弁

折半出資で早期実用化目指す

商用車世界大手の独ダイムラーとスウェーデンのボルボは4月21日、大型車両向け燃料電池(FC)の開発・量産事業で連携すると発表した。合弁することで基本合意した。

トヨタと日野、燃料電池大型トラックを共同開発

ダイムラーが同事業の関連部門を集約して2020年中に新会社を設立した上で、ボルボが6億ユーロ(約700億円)を投じて折半出資する。FCはEV(電気自動車)より走行距離が長く、より多くの荷物を搭載できると期待されている。双方の技術とノウハウを持ち寄り、FCの大型トラックやバスを早期に実用化し、環境負荷の低さを武器に競争力向上を図る。両社は他のEVトラックなどの分野では引き続き競合関係を維持する。

【動画】UDトラックス、自動運転トラックのデモ走行を公開

いすゞがUDトラックス買収へ、20年末の手続き完了目指す

合弁により、両社はFC大型トラックの量産化を20年後半に展開することを目指すとともに、大型車以外の分野でもFC活用に取り組む計画だ。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事