新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマトHDが米ベルと無人輸送機を開発へ

ヤマトHDが米ベルと無人輸送機を開発へ

物流現場の人手不足カバー、20年代半ばまでの実用化目指す

 ヤマトホールディングス(HD)は10月12日、米国のヘリコプターメーカー、ベルヘリコプターと連携し、無人輸送機の開発に乗り出すと発表した。

 2020年代半ばまでの実用化を目指す。物流現場の人手不足を踏まえ、両社が組んで新たな輸送の在り方を開拓、市場をリードしていきたい考えだ。

 ベルは輸送容器を搭載した輸送機の設計・開発・製造を、ヤマトHDは最適な容器の開発をそれぞれ担当。開発を目指す機体は時速100マイル(160キロメートル)以上で飛行し、最大積載量は小型機で15ポンド(7キログラム)、大型機は1千ポンド(453キログラム)を想定している。

 輸送容器はトラックなどに円滑に荷物を積み替えられる仕様となる見込み。両社は19年8月までに開発した無人輸送機のデモ飛行を行う予定。

(藤原秀行)

開発する無人輸送機のイメージ(ヤマトホールディングス提供)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事