新型コロナウイルス感染症への対応について

乾汽船臨時株主総会でアルファレオ提案の買収防衛策廃止が否決★差し替え

乾汽船臨時株主総会でアルファレオ提案の買収防衛策廃止が否決★差し替え

「賛成は46・7%」と発表

※アルファレオが総会の議決権行使比率を公表したので、追加しました

乾汽船は5月7日、筆頭株主の投資会社アルファレオホールディングスが招集し、東京都内で同日開催した乾汽船の臨時株主総会で、アルファレオが提案した買収防衛策廃止が賛成少数で否決されたと発表した。

アルファレオは同日、総会での議決権行使の結果について、賛成が46・7%、反対が53・3%だったと公表。2019年6月の定時株主総会で買収防衛策導入が決議された際、反対した割合が41・3%だったことに言及し「僅差となっている」との持論を展開した。

アルファレオは乾汽船が昨年11月に開いた臨時株主総会で、アルファレオが買収防衛策廃止を議案とするよう求めたのに対し、乾汽船が拒否したことを不服として、東京地裁にあらためて臨時株主総会開催の招集許可を求め、同地裁は認めていた。

アルファレオは昨年11月時点で乾汽船株式の28・15%を保有。買収防衛策は乾汽船株式の30%以上を所有する株主が現れた場合に発動することになっており、アルファレオは反発している。


株主総会会場

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事