新型コロナウイルス感染症への対応について

VAIO子会社のVFR、自律制御システム研究所とドローン新機体開発で協業

VAIO子会社のVFR、自律制御システム研究所とドローン新機体開発で協業

物流など用途別に機能最適化、21年以降に順次導入目指す

関連記事:ソニーから独立のパソコンメーカーVAIO、ドローン事業の子会社設立

パソコンメーカーVAIO(長野県安曇野市)子会社でドローン(無人飛行機)の産業利用普及促進に取り組むVFRは5月11日、ドローン機体開発などを手掛ける自律制御システム研究所(ACSL)と協業を開始したと発表した。

VFRが持つコンピューターやロボティクスの技術とACSLの機体開発などの技術を組み合わせ、国内で既存の機体の性能向上や物流など用途別に最適化した新たな機体を共同で開発していくことを目指す。新たな機体は2021年以降に順次導入していきたい考え。


共同開発に取り組む予定の既存機体(左からMINI、PF2。VFR提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事