画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アスクル、埼玉・日高の物流拠点で国内EC業界最大規模34台のAMRが本格稼働

アスクル、埼玉・日高の物流拠点で国内EC業界最大規模34台のAMRが本格稼働

従業員の長距離歩行負荷軽減、生産性は1.8倍

アスクルは6月22日、埼玉県日高市に構えている物流センター「ASKUL Value Center日高」(AVC日高)にラピュタロボティクスの自律走行型協働搬送ロボット(AMR)「ラピュタPA-AMR」を導入、ピッキング作業で本格稼働を開始したと発表した。

作業の生産性向上に加え、ピッキング作業における歩行工程の大幅削減を図るため、ラピュタ製AMRを国内EC業界最大規模とみられる34台導入。従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成した。

AVC日高は、東日本エリアの個人向け通販「LOHACO(ロハコ)」出荷を担当。広大なピッキングエリアに商品の在庫棚が立ち並んでおり、これまでは人力によるピッキングを実施してきた。従業員は庫内の端から端までカートを押しながら歩行し商品のピッキングを行う必要があり、増加する出荷量に対して人力で生産性を一段と高めるのが困難になりつつあった。

従業員は近くのAMRの画面指示に沿ってピッキング作業を行い、作業が終わるとAMRの画面で表示される「どの商品棚へ行けば次の作業ができるか」に従って近辺エリアで別注文のピッキングを担当する。仕事を始めて間もない従業員でも円滑に作業できるのが特徴。

(藤原秀行)※写真はいずれもラピュタロボティクス提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事