新型コロナウイルス感染症への対応について

ギークプラス、物流センター向け情報システム構築の米コンベイコと戦略的提携

ギークプラス、物流センター向け情報システム構築の米コンベイコと戦略的提携

工場や倉庫へのAMRロボット拡販図る

中国の大手ロボットメーカーGeek+(ギークプラス)は5月20日、米国で物流センター向け情報システム構築などを手掛けるConveyco Technologies(コンベイコテクノロジーズ)と戦略的提携を締結したと発表した。

コンベイコが取引している北米エリアの顧客の工場や倉庫などにギークプラスのAMR(自動搬送機)ロボットを提供する。海外でAMRロボットの販売を拡大したいギークプラスと、顧客の現場業務効率化をサポートしたいコンベイコの思惑が一致した。

ギークプラスは中国のほか、北米や日本、欧州など世界で1万台以上のロボットを展開している。


ギークプラスのAMRロボット

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事