新型コロナウイルス感染症への対応について

「温室効果ガス排出ゼロ」のEV船普及へ商船三井など7社がタッグ

「温室効果ガス排出ゼロ」のEV船普及へ商船三井など7社がタッグ

22年3月に初のタンカー完成へ、新たなビジネスモデル確立目指す

旭タンカー、出光興産、エクセノヤマミズ、商船三井、東京海上日動火災保険、東京電力エナジーパートナー、三菱商事の7社は5月21日、温室効果ガスを排出しないゼロエミッション電気推進船(EV船)の実用化と普及に向け、共同の事業体「e5(イーファイブ)コンソーシアム」を立ち上げたと発表した。

取り組みの第1弾として、大容量リチウムイオン電池を動力源として用いる世界初のゼロエミッションEVタンカーが2022年3月に完成する予定。コンソーシアムでEV船を積極的に売り込み、トラック運送業界以上に深刻な人手不足・高齢化や船舶の老朽化に見舞われている内航海運業界をサポートしていくのが狙いだ。

7社がそれぞれ持つ技術や事業のノウハウを持ち寄り、EV船を軸にした新たなビジネスモデルの確立も目指す。

商船三井と旭タンカー、エクセノヤマミズ、三菱商事は19年、EV船の開発や普及促進を図る新会社「e5(イーファイブ)ラボ」を共同で設立していた。同社がコンソーシアムの活動を進める上での事務局を務める。


ゼロエミッションEV船のイメージ(各社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事