新型コロナウイルス感染症への対応について

ソフトバンクグループのMagical Move、イオンリテールのネットスーパー宅配開始

ソフトバンクグループのMagical Move、イオンリテールのネットスーパー宅配開始

生鮮品の取り扱いにも対応、スマホアプリで到着までの残り時間確認可能

ソフトバンクグループで深夜・早朝の時間帯に焦点を当てた宅配サービス「Scatch!(スキャッチ!)」を展開しているMagical Move(マジカルムーブ)は5月25日、イオンリテールが展開しているインターネットスーパー「イオンネットスーパー」の生鮮品などの宅配を同日から開始したと発表した。

スキャッチ!はAIを駆使して配送ルートを効率化し、1~2時間と細かい時間帯設定で配送している。イオンネットスーパーはこれまで、近隣に「イオン」や「イオンスタイル」の店舗がない東京都内の一部エリアでは常温品の宅配のみ取り扱っていた。スキャッチ!の採用で生鮮品も購入できるようになった。

イオンネットスーパーのユーザーは、スマートフォンアプリで到着までの残り時間を確認することなどが可能。


スキャッチ!のスマホアプリ画面のイメージ(Magical Move提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事