新型コロナウイルス感染症への対応について

サンゲツ、大阪に新設の物流拠点で自動倉庫など省人化設備導入へ

サンゲツ、大阪に新設の物流拠点で自動倉庫など省人化設備導入へ

首都圏や中部でも展開検討、サービスの持続性確保とリードタイム短縮図る

サンゲツは5月26日、2020~22年度を対象とする新たな中期経営計画「D.C.2022」を公表した。

この中で、主力のインテリアセグメントは在庫・出荷に関し、物流施設の整備と持続性確保に注力する方針を明言。三井不動産が大阪市内に開発している「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)大阪Ⅰ」内で2021年1月の本格稼働を計画している「新関西ロジスティクスセンター(LC)」(賃貸面積約4万8000平方メートル)に関し、自動倉庫やAGV(無人搬送車)などの省人化設備を導入する方針を示した。

併せて、東京・平和島の「首都圏LC」や愛知県稲沢市の「中部LC」にも省人化設備を展開していく方向性を打ち出した。同社は「サービスの持続性確保とリードタイム(受注から出荷まで)のさらなる短縮を図る」と狙いを説明している。

配送に関しては、19年度までに続き、北関東や静岡、北陸、関西、九州などのエリアで配送体制を拡充するとともに、首都圏や名古屋、大阪、福岡などで重量物配送を自社化することにも取り組む。


新拠点が入る「MFLP大阪Ⅰ」の外観(サンゲツ決算説明会資料より引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事