新型コロナウイルス感染症への対応について

トーセイ開発第1号の物流施設が神奈川・相模原で完成、日本梱包運輸倉庫が1棟借り

トーセイ開発第1号の物流施設が神奈川・相模原で完成、日本梱包運輸倉庫が1棟借り

1・2万平方メートル、首都圏全域へのアクセスに強み

トーセイが初めて自社グループで開発を手掛けた物流施設「T’s Logi橋本」(神奈川県相模原市)がこのほど完成した。日本梱包運輸倉庫が1棟借りしている。

新施設は地上4階建て、延べ床面積は1万1968平方メートル。圏央道の相模原ICまで約4・5キロメートル、国道16号まで約1・5キロメートル。都心に近く、首都圏全域へのアクセスにも強みを持つ立地となっている。

トーセイは「小規模クラスの物流施設ながらも作業効率と利便性を重視した設計で、敷地内動線への配慮や十分な荷さばきスペースの確保、事務所、休憩室の完備など良好な勤務環境も整えた」と強調。引き続き物流施設開発を目指す方針を示した。

同社は埼玉県蓮田市でも物流施設建設のプロジェクトを進めている。


「T’s Logi橋本」の外観(トーセイプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事