メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱商事都市開発、埼玉県でマルチテナント型物流施設2件完成

三菱商事都市開発、埼玉県でマルチテナント型物流施設2件完成

三菱商事都市開発、埼玉県でマルチテナント型物流施設2件完成

三菱商事都市開発は6月1日、埼玉県内で開発を進めてきたマルチテナント型物流施設2件が5月末に完成したと発表した。

上尾市の「MCUD上尾」は地上5階建て、延べ床面積は10万5654平方メートル。同市の区画整理事業に参画し、首都高の与野ICから約7・4キロメートル、圏央道の桶川北本ICから約8・6キロメートル。完成に先立ち、全フロアで入居テナントが確定している。

鶴ヶ島市の「MCUD鶴ヶ島」は地上3階建て、延べ床面積は2万2424平方メートル。関越道の鶴ヶ島ICから約3・2キロメートル、圏央道の坂戸ICから約5・2キロメートル。

同市と川越市、坂戸市の3市にまたがる富士見工業団地内に位置。奥行き12メートルの大型ひさしを取り付け、雨天時でもオペレーションを円滑に進められるよう配慮している。東京ロジファクトリーが1棟借りを決めている。

「MCUD上尾」と「MCUD鶴ヶ島」の外観(いずれも三菱商事都市開発プレスリリースより引用)

(上尾)

(鶴ヶ島)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事