新型コロナウイルス感染症への対応について

MonotaRO、「スーツに見える作業着」の取り扱い開始

MonotaRO、「スーツに見える作業着」の取り扱い開始

伸縮性や耐久性向上、静電気抑制やはっ水も実現

工具などの通販大手MonotaRO(モノタロウ)は6月4日、PB(プライベートブランド)商品として、スーツに見える作業着の販売を同日開始したと発表した。

「作業着スーツ」は製造業やサービス業などの現場作業だけでなく、オフィスでの執務時や出張にも使えるのが特徴。ジャケットとパンツの両方で、国産の特殊構造加工糸「LUXTRIMA」と導電性複合繊維生地を採用し、伸縮性や耐久性を向上させるとともに静電気抑制を実現。ジャケットとパンツで合計約645グラム(Lサイズ)と軽量に抑えている。

はっ水加工を施し、高い速乾性を持たせている。洗濯機で丸洗いが可能なため、毎日清潔に着用することが可能。色はチャコールグリーンとネイビーの2種類で、価格はジャケットが9990円、パンツが6990円(いずれも税別)。


作業着スーツの着用例(写真はいずれもMonotaRO提供、クリックで拡大)



使用シーンのイメージ


機能の説明

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事