新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマトとやさいバス、宅配便使った野菜のEC販売拡大支援で連携

ヤマトとやさいバス、宅配便使った野菜のEC販売拡大支援で連携

宅配拠点「ネコサポステーション」で最短翌日受取可能に

ヤマト運輸と野菜の配送を手掛けるやさいバス(静岡県牧之原市)は6月8日、宅配便ネットワークを活用した野菜のEC販売拡大支援で連携すると発表した。

やさいバスは静岡や長野を中心に、農産品の集荷・受取用集配所を自社のトラックで周回、配送することで地域の生産者と消費者を橋渡しする独自の流通サービスを展開している。

やさいバスのウェブサイトで会員登録した消費者が野菜を注文すれば、生産者が出荷場としてヤマトの拠点に商品を持ち込み、ヤマトが宅配で輸送。消費者は受取拠点として指定したヤマトの「ネコサポステーション」で最短翌日に受け取ることが可能となる。

当初は東京・多摩市のネコサポステーション3カ所を受取拠点として指定するとともに、静岡や長野、神奈川、東京、茨城の生産者からの野菜を提供する。両社は新たなサービスを使うことで消費者への直売に加え、小売店や飲食店への直卸しも可能になり、送り状の準備といった発想業務の効率化を図ることができる上、販路の拡大につながるとメリットを強調している。

今後は受取可能なヤマトの拠点拡大を検討するなど、事業を拡大していきたい考えだ。


利用の流れ(両社提供)※クリックで拡大


やさいバスのサービス概要(両社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事