新型コロナウイルス感染症への対応について

ヨコレイ、長崎で最大凍結能力の鮮魚加工・保管拠点が完成

ヨコレイ、長崎で最大凍結能力の鮮魚加工・保管拠点が完成

自動ライン導入、省力化で人員が旧来の半分以下に

横浜冷凍(ヨコレイ)は6月11日、長崎市内で鮮魚の加工・保管拠点「長崎ソーティングスポット」が完成したと発表した。

同社は1983年から長崎県内で水産加工施設を併せ持つ長崎物流センターを運営してきたが、老朽化や人手不足・高齢化などが進んでいる上、海外への輸出増加へ製品の拡充と品質向上が求められているため、新たな選別棟と冷蔵倉庫を整備した。新施設の完成により、長崎物流センターを収容能力約1万2000トン、凍結能力1日当たり53トンへ全面的にリニューアルする予定。

新拠点は地上2階建て、延べ床面積9130平方メートルで庫腹はF級4779トン(マイナス25度)とC級の鮮魚置き場を別途備えている。凍結能力は1日当たり166トンと同社最大級。

魚の選別や凍結、箱詰め、箱の積み上げを一貫して自動で行えるラインを設置。人が介在するのはフォークリフトによる凍結庫への運搬作業のみとなり、利便性や安全性が飛躍的に向上。既存施設では30人必要だった人員が半分以下の11人で稼働できる。

急速凍結設備を導入しているほか、環境に配慮した自然冷媒を採用。屋上に太陽光発電パネルを設置するなど、環境への影響抑制に努めている。災害時の非常用電源としてリチウムイオン蓄電池を取り入れるなどBCP(事業継続計画)にも目配りしている。

新施設の完成により、同社の拠点としては九州で15カ所目、長崎では3拠点目となる。新施設の完成式典で、同社の吉川俊雄会長は「アフリカや東南アジアなどへの輸出拡大を図りたい。長崎県をはじめ九州全土の水産業発展へ微力ながら寄与していきたい」と決意を語った。


「長崎ソーティングスポット」の外観(ヨコレイ提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事