北陸・東海地盤のドラッグストア「ゲンキー」、岐阜でドライ・チルド・プロセスセンターを開発

北陸・東海地盤のドラッグストア「ゲンキー」、岐阜でドライ・チルド・プロセスセンターを開発

自社物流強化、福井の拠点も増床へ

北陸・東海地方を地盤とするドラッグストア「ゲンキー(GENKY)」を展開しているGenky DrugStoresは7月19日、2019年6 月期の決算説明資料を開示した。

この中で、物流基盤を強化するため、岐阜県に総額50億円を投じ、延べ床面積1万3000坪のドライ・チルド・プロセスセンター「中部RPDC」を開発したことを明らかにした。今年8月ごろに稼働を開始する予定。

外部の借庫を順次解約して物流拠点を集約、関連コストの圧縮を図る。新センターの立ち上げに伴い、従来は外注していた生産食品パック作業の内製化を実現、収益性を改善していくことを想定している。

併せて、20年6月期に福井県の物流センター「丸岡DC」を増床する計画を公表した。投資総額は2・5億円で、延べ床面積を2300坪から3100坪に広げる。北陸エリアの外部倉庫を順次解約して同センターに機能を集め、物流コスト抑制につなげる。石川エリアへの出店を支えるため、自社物流体制を拡充させたい考え。

物流に関しては「3PL事業者に頼らない自社運営で業界最低の物流費比率を維持する」との意向を示した。


「中部RPDC」(Genky DrugStores決算説明資料より引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事