新型コロナウイルス感染症への対応について

三井物産が流通の中間持ち株会社新設、三井食品や物産ロジなどグループ4社を傘下に

三井物産が流通の中間持ち株会社新設、三井食品や物産ロジなどグループ4社を傘下に

事業連携強化、デジタル化も推進へ

三井物産は6月15日、流通事業に関する中間持ち株会社「三井物産流通ホールディングス」を6月1日付で設立したと発表した。

グループで同事業に携わっている三井食品、ベンダーサービス、リテールシステムサービス、物産ロジスティクスソリューションズの4社を傘下に収めた。中間持ち株会社が4社を連携させ、より効率的な経営と流通事業の強化を図る。4社がそれぞれ事業を手掛ける体制は継続する。

中間持ち株会社の社長には、三井物産でデジタル総合戦略部長などを歴任した植田勲氏が就任。4社合計で売上高が約1兆4700億円に上る同事業のデジタル化などを推進していくとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事