LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

【独自取材】丸全昭和運輸が北海道・江別でエチレン貯蔵庫を稼働開始

【独自取材】丸全昭和運輸が北海道・江別でエチレン貯蔵庫を稼働開始

ジャガイモなど農産物の鮮度保持

 丸全昭和運輸は10月1日、北海道江別市内でエチレン貯蔵庫を完成・稼働させた。

 グループ企業である丸全北海道運輸(札幌市)の普通倉庫を改修し、北海道産ジャガイモなど農産物用の貯蔵施設として運用する。

 施設規模は延べ床面積334坪(1室)、鉄骨造平屋建て、有効階高6〜8メートル、坪当たり床荷重4トン。

 冷凍機冷却設備、外気冷却設備、加湿設備、エチレン供給設備などの温度管理機能を備え、0〜10度までの温度帯に対応できる。

 庫内にエチレンガスを供給し、濃度調整によってジャガイモの発芽や野菜の鮮度低下を抑制。貯蔵時の品質を保持することで農産物の安定供給に貢献していく。

(鳥羽俊一)



写真は丸全昭和運輸提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

丸全昭和運輸カテゴリの最新記事