新型コロナウイルス感染症への対応について

近畿運輸局など入居の大阪合同庁舎第4号館、爆破予告も爆発物見つからず

近畿運輸局など入居の大阪合同庁舎第4号館、爆破予告も爆発物見つからず

いたずらか、週明けは平常に

国土交通省近畿運輸局などが入居する大阪市中央区の大阪合同庁舎第4号館に対して何者かがメールで爆破と職員襲撃を予告したため、同庁舎は6月19日、午後2~4時に入館を禁止し、同局などの業務が大きく混乱した。ただ、警察が捜索したが爆発物は見つかっておらず、現時点ではいたずらの可能性が高まっている。

大阪合同庁舎第4号館は大阪城の近くに位置し、近畿運輸局のほか財務省近畿財務局や大阪管区気象台など国の出先機関が多く事務所を構えている。週明けの6月22日からは平常通りの業務に戻る見通し。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事