新型コロナウイルス感染症への対応について

中国・厦門港から千葉港に到着の貨物船内でヒアリ約1000匹見つかる

中国・厦門港から千葉港に到着の貨物船内でヒアリ約1000匹見つかる

女王アリや卵、さなぎも確認、作業員1人が荷降ろし中に刺されけが

千葉県や千葉市は6月23日、中国の厦門(アモイ)港から千葉港に入港した貨物船の中で、強い毒を持ち刺されるとやけどのような激しい痛みに襲われ、アレルギー反応で死に至ることもある南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が約1000匹見つかったと発表した。

県や市によると、貨物船は6月19日、鋼材を積んで入港。荷降ろししている際に、作業員1人がヒアリに刺され、腫れや痛みを訴えたという。船倉で働きアリが1000匹以上見つかったほか、女王アリや卵、さなぎも確認された。6月22日時点で、船外でヒアリは発見されていない。

県や市は環境省と連携して駆除を進めるとともに、上陸したヒアリがいないか引き続き調査を進めている。


今回確認されたヒアリ(環境省提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事