新型コロナウイルス感染症への対応について

ワコン、3温度帯の商品を一度に収納可能な保冷ボックスを発売

ワコン、3温度帯の商品を一度に収納可能な保冷ボックスを発売

9時間維持、ドライアイス不要

物流機器メーカーのワコン(和歌山県紀の川市)はこのほど、温度帯が異なる3種類の商品を一度に収納できる保冷ボックス「クールワン・マルチパック」を発売した。

重さ約6・5キログラム、幅46センチメートル、奥行き29・6センチメートル、高さ27・5センチメートル(内寸)。約35リットル分の商品を積み込める。冷凍(マイナス15度以下)、チルド(マイナス1度以上、5度以下)、ドライ(5度以上、15度以下)の3空間に分割可能で、それぞれ温度を9時間キープできる。冷凍はマイナス18度以下の場合、7・5時間維持するという。

要冷凍の商品は幅を調整できる「可変シッパー」に包み、チルドとドライは間仕切りで分ける。保冷ボックスはポリエチレン製で中に断熱材のウレタンを注入。ドライアイスを使わないため環境負荷も低いと説明している。

1セットで税別1万7000円。初年度に1万セットの販売を目指す。


「クールワン・マルチパック」


3温度帯のイメージ※クリックで拡大(いずれもワコン提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事