新型コロナウイルス感染症への対応について

広島・廿日市郵便局で期間雇用社員がタウンプラスの郵便物100個を配達せず捨てる

広島・廿日市郵便局で期間雇用社員がタウンプラスの郵便物100個を配達せず捨てる

ごみ箱に投棄、市民から連絡で発覚

日本郵便中国支社は6月23日、広島県廿日市市の「廿日市郵便局」に勤める20歳代男性の期間雇用社員が、郵便物を届けず捨てていたと発表した。

同社によれば、問題の社員は6月16日、指定された地域の配達可能な全世帯・事業所などに届ける「タウンプラス」で受け付けた郵便物100個を配達せず、ごみ箱に投棄していた。配達地域内の市民から、ごみ箱に郵便物のようなものが捨てられていると連絡があり、社内調査の結果発覚した。

同社はタウンプラスの荷送人に謝罪しており、問題社員を処分する予定。

同社では静岡県裾野市の「裾野郵便局」でも、30歳代の男性課長代理がカタログ販売商品の注文代金6万3000円を着服していたことが発覚したばかり。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事