新型コロナウイルス感染症への対応について

ブルーイノベーションと五光物流、ドローン物流実現へ業務提携

ブルーイノベーションと五光物流、ドローン物流実現へ業務提携

自動離発着システム軸に、シェアリング形態の確立目指す

ドローン(無人飛行機)の産業利用促進を手掛けるブルーイノベーションは6月26日、五光物流(茨城県筑西市)とドローンを用いた物流の早期実現へ業務提携したと発表した。

ブルーイノベーションが開発を進めているドローンの自動離発着システム「BIポート」を軸に、機体を複数の事業者が共有、活用するシェアリング形態のドローン物流確立を目指す。両社は6月10日、資本提携したことを公表済み。

五光物流は重量物運搬用の超大型ドローン開発を展開したり、ドローン操縦者の養成スクールを展開したりと、ドローン物流の実用化へ積極的に取り組んでいる。ブルーイノベーションは五光物流の知見や物流効率化のノウハウも生かしていきたい考えだ。


BIポート活用のイメージ(ブルーイノベーション提供)

関連記事:ドローン産業利用促進のブルーイノベーションが五光物流や大成温調、新生銀行、投資ファンドの計6社と資本提携

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事