新型コロナウイルス感染症への対応について

宮城・岩沼の物流施設火災、近日中に解体撤去工事開始へ

宮城・岩沼の物流施設火災、近日中に解体撤去工事開始へ

所有のJリート・プロロジス、20年5月期に特別損失37・5億円計上見込み

関連記事:
【独自取材、動画】焼け落ちた外壁、庫内も無惨な姿に変わり果て
【独自取材】プロロジス、火災あった宮城・岩沼で物流施設の早期建て替え目指す

Jリートの日本プロロジスリート投資法人の資産運用を担うプロロジス・リート・マネジメントは7月2日、火災が発生、全焼した宮城県岩沼市の物流施設「プロロジスパーク岩沼1」に関し、近日中に建物などの解体撤去工事を始めると発表した。

現時点で消防や警察による調査が続いているが、出火原因はまだ特定されていないという。火災は今年4月30日に発生し、5月6日夕刻の鎮火まで6日間を要した。

同投資法人の2020年5月期の運用状況に関し、同施設に関わる有形固定資産のうち、信託土地を除く信託建物などの帳簿価額に相当する37億5200万円を、今回の火災に関する損失額として特別損失に計上する見込み。

一方、火災保険と利益保険の補償範囲や、同投資法人が火災保険に基づいて受け取る保険金収入は、20年5月期中に保険金額が確定せず、同期中には計上されない見通しという。

また、火災への初期対応費用や解体撤去工事に関する費用として、翌20年11月期に9億9000万円、その次の21年5月期中に13億円がそれぞれ特別損失になるもよう。一方、利益保険金収入として21年5月期に特別利益1億8000万円が生じるとみている。


全焼した「プロロジスパーク岩沼1」(5月9日撮影)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事