新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ホームロジスティクス、非接触温度センサーを物流センター10拠点に15台導入

【新型ウイルス】ホームロジスティクス、非接触温度センサーを物流センター10拠点に15台導入

マスク外さず体温測定可能

ニトリグループの物流会社ホームロジスティクスは8月24日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、全国の物流センター10拠点に非接触温度センサーを計15台導入したと発表した。

センサーは大倉(大阪市北区天神橋)が製造、フジテックス(東京都新宿区大久保)が販売している。0・5秒で体温を測定することが可能で、マスクを外す必要もない。庫内スタッフやトラックドライバーら人同士の接触を減らすのが狙い。


導入した非接触温度センサー(ホームロジスティクスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事