新型コロナウイルス感染症への対応について

【豪雨】車検証の有効期間延長、福岡や岐阜、大分の一部自治体を対象に追加

【豪雨】車検証の有効期間延長、福岡や岐阜、大分の一部自治体を対象に追加

国交省、鹿児島は新たに3市

国土交通省は7月8、9日、豪雨被害が出ている地域向けに実施している自動車車検証の有効期間延長の特例措置に関し、対象エリアを拡大すると発表した。

既に実施している熊本と鹿児島両県の一部エリアに加え、鹿児島の別のエリアと福岡、岐阜、大分の3県の一部エリアを新たに追加した。

新規に加えたのは鹿児島県の鹿屋、曽於、志布志の3市、福岡県の大牟田、八女、みやま、久留米の4市、岐阜県の高山、中津川、恵那、飛騨、郡上、下呂の6市、大分県の日田市、由布市、九重町、玖珠町の4自治体。

対象地域に使用の本拠を置き、有効期間が鹿児島の3市は7月4日から、福岡の4市と大分の4自治体は7月6日から、岐阜の6市は7月8日からいずれも8月3日までの間に満了を迎える場合、8月4日までに継続検査を受ければ、引き続き自動車を利用できる。自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)についても同様の措置を行う。

国交省は今後の被害状況を踏まえ、特例措置の対象エリア拡大を随時検討する。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事