新型コロナウイルス感染症への対応について

【ハコベル×LOGI-BIZ緊急企画】アフターコロナの物流DXセミナー

【ハコベル×LOGI-BIZ緊急企画】アフターコロナの物流DXセミナー

先行事例に学ぶ アフターコロナの物流DX

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、物流業界ではかねてより懸念されていた属人的作業の弊害や人手不足など、さまざまな課題が一層浮き彫りになって参りました。

そのような中、一つの解決策としてDX(デジタルトランスフォーメーション)の動きが加速しています。
そこで、物流業界におけるDXの進捗度合い、皆さまが抱えている課題などの実態について、7月初旬にアンケートを実施させて頂きました。

その結果を踏まえて、デジタル化を本当に阻んでいるものは何なのか、先行企業はどのようにして壁を突破したのか、皆さまと共に考えるWebセミナーを実施いたします。

開催概要

・日時:2020年7月29日(水)15:00~16:00
・対象:ロジスティクスに関わる実務家の方
・場所:オンライン(Zoomを使用)
・参加費:無料

プログラム

【第1部】
講演①「コロナで露呈したアナログ業務のリスク」
株式会社日通総合研究所 井上浩志 
リサーチ&コンサルティング ユニット4 ユニットリーダー

井上浩志氏プロフィール
1996年三洋電機入社。システム開発会社を経て、2006年に日通総合研究所入社。スマートフォンとウェブシステムの連携による作業時間計測サービス「ろじたん」事業の責任者を務めている。

講演②「ネットワーク型TMSによる協力会社のデジタル化支援」
ラクスル株式会社 鈴木裕之
ハコベル事業本部 ソリューション推進部 部長

鈴木裕之プロフィール
1981年生。東京大学大学院工学系研究科都市工学専修修了。リクルート(現リクルートホールディングス)、エムスリーを経て現職。テクノロジーの社会実装をサブテーマに新規事業を手掛ける。運送マッチングにテクノロジーを導入するプロジェクトなど、物流×テクノロジーの事業化に取り組んでいる。

講演③「倉庫作業の自動化とこれからの物流施設」
株式会社ライノス・パブリケーションズ 藤原秀行
LOGI-BIZ online 編集長

藤原秀行プロフィール
1995年時事通信社入社、主に経済ニュースの取材を担当。2012年ライノス・パブリケーションズ入社、『月刊ロジスティクス・ビジネス』編集部所属、14年6月より副編集長を務める。2018年、『ロジビズ・オンライン』立ち上げとともに編集長に就任。

【第2部】 
パネルセッション「アフターコロナの物流業界-デジタル化へのロードマップ-」
日通総合研究所・井上氏 × ラクスル・鈴木 × LOGI-BIZ online藤原

お申し込み方法

下記URLにアクセスして頂き、参加に必要な情報をご登録ください。
視聴可能なURLをメールでご案内させて頂きます。

https://raksul.zoom.us/webinar/register/WN_RGmzBwDbSUi3QwWWl4_NBg

運営会社

[主催]ラクスル株式会社
[主催]株式会社ライノス・パブリケーションズ
[協力]株式会社日通総合研究所

個人情報の取り扱いについて

ご登録いただいた情報は各社プライバシーポリシーに定める利用目的の他、以下の項目に利用させて頂きます。
・本セミナーに関するご連絡
・その他のお知らせのご連絡

各運営企業のプライバシーポリシーについて

ラクスル株式会社
株式会社ライノス・パブリケーションズ
株式会社日通総合研究所

入力頂いた個人情報は運営企業で管理・利用いたします。

本件に関するお問い合わせ

ラクスル株式会社 
広報担当 大金、松本
TEL:03-6629-4892
E-mail:pr@raksul.com <http://raksul.com>

株式会社ライノス・パブリケーションズ
LOGI-BIZ編集部 川本
TEL:03-6812-9502
E-mail:kawamoto@logi-biz.com

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事