新型コロナウイルス感染症への対応について

丸全電産ロジステック、長野・南箕輪村で新たな倉庫開設へ

丸全電産ロジステック、長野・南箕輪村で新たな倉庫開設へ

21年7月サービス開始予定

丸全昭和運輸は7月14日、傘下で精密機器などの物流を手掛ける丸全電産ロジステック(東京・芝)が長野県南箕輪村で新たな倉庫「伊奈新倉庫」を開設すると発表した。このほど、現地で地鎮祭を開いた。

新倉庫は総延べ床面積が6810平方メートルで、1階には天井クレーン2基、2階には搬送用エレベーター2基をそれぞれ設置。2021年7月のサービス開始を目指す。日本電産サンキョーの工場で使うロボットの部品などを取り扱う予定。

丸全電産ロジステックは15年に丸全昭和運輸が日本電産から買収、現社名となった。


倉庫の完成イメージ(丸全昭和運輸プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事