新型コロナウイルス感染症への対応について

ESR、神奈川・幸浦で19・5万平方メートルの大型物流施設を開発へ

ESR、神奈川・幸浦で19・5万平方メートルの大型物流施設を開発へ

22年1月竣工見込む、2期目も予定

ESRは7月16日、横浜市金沢区幸浦で新たなマルチテナント型物流施設「ESR横浜幸浦ディストリビューションセンター(DC)1」を開発すると発表した。敷地内に2棟を建設する予定で、「横浜幸浦DC1」は1期目となる。

地上4階建て、延べ床面積は19万5270平方メートルを計画。2022年1月の竣工を見込む。首都高速道路湾岸線の幸浦ICから1キロメートルと近接している。2期目は21年6月着工、23年1月末の竣工を計画しており、延べ床面積は第1期と並ぶ19万5000平方メートルを見込む。2棟合わせた総投資額は約1000億円の見通し。同社が神奈川県内で物流施設に着工したのは4件目となる。


「ESR横浜幸浦DC1」の完成イメージ(以下、写真は全てESR提供・クリックで拡大)


周辺の地図

横浜港から15キロメートル、羽田空港から30キロメートル、東京港から40キロメートル、東京都心まで45キロメートルと主要な物流インフラや巨大消費地に近いのが強み。横浜シーサイドラインの並木北駅から700メートル、徒歩9分と通勤のしやすさもメリット。

25年には圏央道・横浜環状南線(戸塚IC~栄IC~釜利谷JCT)が開通し、東名高速道路など主要幹線道路へのアクセスが大きく向上すると見込まれる。首都圏をはじめ全国広域をカバーする拠点としてアピールしていきたい考え。

「横浜幸浦DC1」はトラックバースをトータルで205台分配置。1階低床バースのシャッターはウイング車にも対応できるよう高さ5・3メートルを確保する。大型トレーラー待機場54台、トラック待機場4台も完備し、輸出入貨物の受け入れに万全を期す構えだ。

倉庫部分は最小賃貸区画を約920坪に設定し、最大34テナントが入居できる設計を採用。重量物を取り扱えるよう、1階は1平方メートル当たり2・0トン、2~4階は1・5トンの床荷重を持たせる。全フロアで2・5トンのフォークリフトを走行させられる。

他にも、事務所部分は車路を通らず外部から直接アクセスできるよう、南北のセンターに置き、人が安全に移動できる動線を採用。特別高圧電力も供給し、ロボットや各種マテハン機器、空調設備など自動化・機械化のための基盤を整備している。

アメニティーの面では、施設利用者向けの休憩ラウンジを4階に、東京湾を一望できる上にバーベキューも楽しめるスカイデッキを屋上にそれぞれ導入。ラウンジ内には24時間365日利用できるよう夜間の無人売店システムを取り込む予定だ。託児所やトラックドライバー用休憩室、シャワー室、多目的スペースもそろえ、普通自動車480台、バイク・自転車200台の駐車スペースを設ける。

環境配慮として、敷地の北側にビオトープのエリアを設け、自然との共生を目指す。ABINC認証も取得する予定だ。


ラウンジ


スカイデッキ


託児所


パウダールーム

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事