メルマガの配信元アドレスが変更となりました

キリングループロジ、北海道・北広島に倉庫床面積6245坪の新拠点開設

キリングループロジ、北海道・北広島に倉庫床面積6245坪の新拠点開設

キリンビバ向けに保管・出荷能力向上図る、無人フォーク導入も

キリングループロジスティクス(KGL)は9月3日、北海道北広島市でキリンビバレッジ製品を取り扱う新たな物流拠点「輪厚物流センター」を開設、9月22日に出荷を開始すると発表した。

北海道エリアへのキリンビバレッジ商品の配送は従来、主に「札幌物流センター」「東雁来物流センター」「千歳総合センター」から実施してきた。新拠点に機能を集約し、保管・出荷能力を高めるのが狙い。配送効率化による輸配送距離でトラックドライバー不足への対応や温室効果ガス排出削減、拘束時間短縮などを目指す。

新拠点は北広島市の工業団地内に位置し、地上2階建て、倉庫床面積は6245坪(保管面積は4962坪)。倉庫は日本通運が管理している。AGF(無人搬送フォークリフト)など構内作業の効率化・省人化につながる設備も積極的に導入する計画。


新センターの外観イメージ(KGL提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事