新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】国交省航空局の40代男性職員が感染判明、13人目

【新型ウイルス】国交省航空局の40代男性職員が感染判明、13人目

愛知の出先部署に所属、7月6~10日に東京の本省出張

国土交通省は7月16日、本省航空局に所属する40代男性職員1人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

同省の本省職員の感染確認は13人目となる。7月14日に感染が分かった本省航空局の別の職員の濃厚接触者と認定されたため、PCR検査を受けた結果、陽性となった。症状は出ていないという。

同省などによれば、当該職員は愛知県在住で、同県内の航空局出先機関に勤務。今月6~10日、東京・霞が関の本省へ出張していた。赤羽一嘉国交相ら同省3役との接触はないもよう。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事