新型コロナウイルス感染症への対応について

鈴江コーポレーション、横浜の営業所に医薬品など原材料専門の危険物立体自動倉庫建設へ

鈴江コーポレーション、横浜の営業所に医薬品など原材料専門の危険物立体自動倉庫建設へ

コロナで製薬会社などのニーズ拡大に対応、22年5月完成予定

港湾物流などを手掛ける鈴江コーポレーション(東京・新橋)は7月16日、横浜市金沢区鳥浜町の「新杉田埠頭倉庫営業所」で、新たに危険物の立体自動倉庫を建設すると発表した。

高さ20・65メートル、保管量は1580パレットを計画しており、医薬品や医薬部外品、衛生品の液体原材料を専門に取り扱う。新型コロナウイルスの感染拡大で製薬会社などのニーズが高まっていることに対応する。

制振のダンパーやストッパーを採用するほか、腰壁や制御室を1メートルかさ上げするなど、BCP(事業継続計画)対応を重視。完成は2022年5月を見込む。


完成イメージ


内部の様子(いずれも鈴江コーポレーションプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事