新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ホームロジスティクスの福岡・篠栗町センターで感染判明

【新型ウイルス】ホームロジスティクスの福岡・篠栗町センターで感染判明

ジェイテクトも浜松市の拠点で1人確認

物流センターに勤める人の間で新型コロナウイルスに感染したことが判明した事例が7月31日までに相次ぎ発表されている。

▼ホームロジスティクス
福岡県篠栗町の物流センター「九州DC」に勤める従業員1人の感染を確認。最終出勤日は6月30日で、7月13、21日に発熱したため医療機関を受診、風邪と診断された。自宅療養を続けたが症状が緩和されず、同28日に再度PCR検査を受けた結果、陽性と分かった。濃厚接触者はなく、同従業員は配送を担当していないため顧客とも直接接触はしていないという。

▼ジェイテクト
浜松市の「浜松物流センター」に勤務する従業員1人の感染が判明。7月24日に発熱し、味覚障害などの症状も出たため、医療機関で同28日にPCR検査を受け、陽性と判明した。濃厚接触者に該当する人はいないという。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事