新型コロナウイルス感染症への対応について

カルビーとホクレンが北海道の農産物振興へ連携、貯蔵や物流などのノウハウ共有

カルビーとホクレンが北海道の農産物振興へ連携、貯蔵や物流などのノウハウ共有

オリジナルブランドの馬鈴薯使ったポテトチップス開発

カルビーとホクレン農業協同組合連合会(札幌市)は8月5日、馬鈴薯など北海道の農産物振興に向け、流通から商品開発に至る事業全般で協業するため、同日付で連携協定を締結したと発表した。

国内最大手のスナック菓子メーカーとして馬鈴薯の国内生産量の約17%を消費するカルビーと、北海道で農業活性化に取り組むホクレンが農産物の貯蔵や物流などのノウハウを共有してタッグを組み、事業基盤を強化する構え。

カルビーは現行の中期経営計画(2020年3月期~24年3月期)で国産馬鈴薯調達量40万トン体制(19年3月期比20%増)の達成を掲げており、今回の連携で産地の分散を加速、安定的な調達体制の強化を図る。

併せて、ホクレングループが手掛ける馬鈴薯を使用した「ポテトチップス」の商品化を推進するとともに、総菜・中食領域でのビジネスプラットフォームの構築、馬鈴薯以外の農産物を原料とする製品開発など、中計に盛りこまれた「新たな食領域」での事業確立を目指す。
ホクレンはカルビーとの連携を通じて農産物の流通量確保や生産者の経営安定化を進めたい考え。カルビーとの貯蔵・物流分野におけるノウハウ共有、商品共同開発を通じた市場開拓を推進し、「生産基盤の維持・強化」につなげる構想だ。

連携の第1弾として、ホクレンオリジナルブランドの馬鈴薯「よくねたいも」を原料にした新コンセプトのポテトチップス『CHIPS NEXT Original(チップス ネクスト オリジナル)』を8月5日にオンライン限定で発売する。


『CHIPS NEXT Original』(カルビ―提供)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事