三菱ケミカル物流が海運事業本部と燃料・仲立サービス事業部を統合

三菱ケミカル物流が海運事業本部と燃料・仲立サービス事業部を統合

4月1日付で海運関連部門の機能・組織を再編

三菱ケミカル物流は2月26日、4月1日付で海運事業本部と燃料・仲立サービス事業部を統合するとともに、機能・組織の再編を行うと発表した。中期経営計画における重点課題への取り組みを加速し、海運関連部門のさらなる一体的・効果的な運営を図るのが目的。

海運事業本部に
▽海運部(事業運営管理、予算統制・実績管理、料金管理、起業管理、海上輸送に関する運営管理、営業開発、収益向上策推進)
▽燃料・仲立部(石油製品類の購入・販売、船舶機材類の購入・販売、損害保険仲立)
▽船舶管理部(船舶の建造・修繕管理、船舶の安全運航管理、船員の教育訓練)
――の3部を設置。このうち海運部は現行の内航部と外航部を統合して発足する。なお、燃料・仲立サービス事業部は今回の組織改正をもって発展的に解消される。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

未分類カテゴリの最新記事