新型コロナウイルス感染症への対応について

ケイヒン、日本生協連と通販の配送業務など契約解消へ

ケイヒン、日本生協連と通販の配送業務など契約解消へ

21年8月20日付、売上高15%に相当

ケイヒンは8月7日、日本生活協同組合連合会(日本生協連)と通販事業に関する流通加工・配送などの業務受託契約を2021年8月20日付で解消すると発表した。

同社は理由に関し「日本生協連で物流センターを移転することになったのに伴い、両者で協議を重ねた結果、(契約解消で)合意に至った」と説明している。

日本生協連からの受託業務の売上高は20年3月期で約73億円と連結全体の15・3%に及ぶ。同社は「新規顧客の誘致を進めて業績への影響を最小限にとどめるよう努める」と強調している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事