新型コロナウイルス感染症への対応について

イオン、千葉市内でネットスーパー用の自動倉庫建設へ

イオン、千葉市内でネットスーパー用の自動倉庫建設へ

英社と連携、建築面積2万7500平方メートルを計画

イオンは8月19日、千葉市内に自動倉庫を開設すると発表した。

同社は2019年、英国でインターネットスーパーを展開しているオカドグループの子会社オカドソリューションズと、日本国内の独占パートナーシップ契約を締結。23年に日本でAI(人工知能)とロボットを駆使した最先端の顧客フルフィルメントセンター(中央集約型倉庫、CFC)を開発、注文を受けた食料品や日用品を消費者に配送するサービスを開始する方針を発表しており、その一環。

ネットスーパー事業を展開するイオン傘下のイオンネクストがCFCの開発用地を千葉市緑区誉田町に確保した。CFCは建築面積2万7500平方メートルを計画しており、センター内で約5万品目の商品を品ぞろえできるようにする予定。ロボットとAIによる24時間稼働や効率的なピックアップにより、安定的な供給力を持たせる。オカドの技術を駆使することで、CFC内の自動倉庫ロボットは50点の商品を約6分間で処理できる見通しという。

さらに、最先端のAIアルゴリズムをベースにして常に最適な配送ルートを特定できるようにすることを想定。イオンネクスト第1号の大型自動倉庫として、日本事業のモデルに位置付ける。今後数年内に同様の施設の建設を計画している。

イオンは「次世代ネットスーパー」を確立して30年までに売上高6000億円の達成を目指しており、23年の事業開始時には千葉県で700人程度の雇用を見込んでいる。


CFCの完成イメージ


オカドの自動倉庫ソリューション(いずれもイオン提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事