新型コロナウイルス感染症への対応について

ESRが川崎・夜光で開発中の大型物流施設、ダイワコーポレーションが1棟借り

ESRが川崎・夜光で開発中の大型物流施設、ダイワコーポレーションが1棟借り

千葉に次いで2件目、7万平方メートル超

※文末に詳細を追加しました

ESRは8月25日、川崎市川崎区夜光で開発を進めている大型物流施設「ESR川崎夜光ディストリビューションセンター」に関し、ダイワコーポレーションが1棟借りすることを決めたと発表した。8月1日付で賃貸借契約を締結した。

ダイワコーポレーションがESRの物流施設で全フロアを賃借するのは、千葉市の「レッドウッド千葉北ディストリビューションセンター」に次いで2カ所目となる。

川崎市の新施設は地上4階建て、延べ床面積7万8119平方メートル。2021年4月末の完成を見込む。

首都高速道路神奈川1号横羽線と神奈川6号川崎線の大師ICから2・7キロメートル、湾岸線の東扇島ICから3・5キロメートルに位置し、羽田空港や川崎コンテナターミナル、東京港にもアクセスが良いのが強み。

3階まで直接乗り入れられるスロープ式を採用し、トラックバースは1階と3階に34台ずつを導入。2、4階は荷物用エレベーターを設けるほか、倉庫スペースの奥行きは55~66メートル、柱スパンは11・4メートル×10・5メートルとし、使い勝手に配慮する。特別高圧電力を供給し、将来のロボットや冷蔵冷凍設備の導入などにも対応可能とする。

ダイワコーポレーションは人口増加率が全国の政令指定都市でトップの川崎市に拠点を構えることで、雇用確保の優位性と輸送の利便性の両方を備えたセンターとしたい考えだ。


「ESR川崎夜光ディストリビューションセンター」の完成イメージ(いずれもESR提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事